おじいちゃん奮闘記

津波で家を失くしたおじいちゃんが、仮設住宅で奮闘!!悪妻に奮闘!!おまごちゃんに奮闘!!病気に奮闘!!がんばって前に進もう残る人生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おじいちゃんが病に奮闘・・第3弾・・加齢性黄斑変性

 眼科外来予約日。7時50分車で仮設を出発。8時20分病院到着。待合室は既に十数名の患者が待機。8時30分診療開始。
 
 『鈴木さん・・!』
 検査室へ。『目に風を当てます。中の〇を見ていてくださ~い。はい!終わりました。待合室でお待ちください』

しばらくして『鈴木さ~ん・・!』
 検眼用メガネを渡され「丸が欠けている方向を云ってください」・・「はい、次は左目です」・・『右、下、左、丸、丸、丸』・・『丸に見えますか?』・・「え~!丸じゃないのぉ~!!」
・・・切れているところが歪んで見え、全部丸・・・
瞳孔を広げる薬剤を点眼し、待合室へ。 

しばらくして『鈴木さ~ん・・・!』
 暗室へ。『顎を左においてピカピカしている点を見てください』
『隣の器械に移って下さい。額をつけて』 そして待合室へ。 
予約患者、新患と付き添い人で待合室は満席。

しばらくして『鈴木さ~ん・・・!』
 『痛み止めを点眼しま~す』 そして待合室へ。

しばらくして『鈴木さ~ん・・・!』
 『お注射は目の奥まで刺します。痛くないようにもう一回点眼します』 そして待合室へ。

『鈴木さ~ん・・・!』 個室へ。天井から顕微鏡が釣り下がっている。
 『このベッドに仰向けに寝てください。先生が来るまで・・』
『鈴木さ~ん!!目をあけてくださ~い!!』・・・「寝てしまったのたか??」・・・
右顔半分に布をかぶせ、左目を消毒。閉じないよう瞼を器械で固定。
『左下を見て下さい』看護師さんが左脚膝を叩いて『ここで~す』
『薬が入りま~す』・・・一瞬、万華鏡で見るような模様が・・・『はい!終わりましたよ』女医先生様の声!! 
左額の奥が痛い・・・眼帯を付けて待合室へ。

しばらくして『鈴木さ~ん・・・!』
『明日また8時30分までに眼帯をしたまま来院してください』『お疲れ様でした』

目ん玉が飛び出る時間の経過・・「お疲れさまでした」・・痛みは会計の間に消える。

悪妻を杖代わりに帰宅。
(妻は夫をいたわりつ、夫は妻を慕いつつ、頃は六月(11月)なかの頃・・ぺん♩べん♪ ・・壺坂霊験記くだり・・浪花亭綾太郎)
・・懐かしいね~!!浪曲!!古いね~!!
スポンサーサイト
  1. 2013/11/26(火) 10:52:39|
  2. 病に奮闘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

おじいちゃんが病に奮闘・・第2弾・・加齢黄斑変性・・

眼底黄斑部の炎症惹起物質を抑えるステロド剤を眼球後部の眼窩内に注射して、1ヶ月が経過した。

今度は白目から眼底部に眼科用血管内皮増殖因子阻害剤を注射するんだとぉ~~!!
それも1ヶ月に1回、連続3回、硝子体内に投与し、維持療法として通常2ヶ月ごと1回、硝子体内に注射するようだ。

第1回目は9月末に治療済、第2回目が10月に終わった。第3回目は11月に予約済。
視力検査の結果は上々のようだがぁ~~!!!
まだ、四角形とか格子、直線が歪んで見えるのようぉ~~!!!
目が疲れるうぅ~~!!

ネットで調べたらこの薬剤はなんらかの副作用が49.1%認められようだ。
結膜出血(26.3%)、眼痛、眼圧上昇、眼障害(眼内炎・眼圧上昇、外傷性白内障・網膜出血・網膜色素上皮裂孔・硝子体出血)及び脳卒中が報告されている。

失明するより・・まあ~!いいっかぁ~!
美人の先生を信じよっとぉ~~!
糖尿病の管理も厳重にしないと~~!

おじいちゃんが病に奮闘中・・・激励の「拍手」クリックをお願いします・・頑張りますぅ~~

  1. 2013/10/26(土) 11:40:01|
  2. 病に奮闘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おじいちゃんが病に奮闘・・・加齢黄斑変性症(カレイオウハンヘンセイショウ)で!

糖尿病性網膜症が進行しないよう、かかりつけ内科医より指示を受け、数年前から眼科で定期的に眼底検査をしていました。

ところが~!、ところがぁ~~! 
最近、悪妻君の顔のシワが歪んで・・美人に見えるのでおかしい!おかしい!と思い!、眼科医(この先生は美人)に相談したところ、再検査実施。

左眼底に浮腫あり、確定診断は『滲出型黄斑変性症』。 ありゃ!!何んだ~!『黄斑変性症』てぇ~!!
アメリカでは失明原因の第1位だとぉ~~!

『2週間後治療予約を取って下さい』と云われる。
『脈絡膜新生血管にかかわる炎症惹起物質を押さえ込むために、持続性抗炎症剤:ステロイドホルモン(ケナコルト注)を眼球後部の眼窩内に注射します』だと~!

「痛いんですか~~?」「見えるようになりますかぁ~?」患者の正直な疑問を・・・
『人によっては痛いかも・・』 『人によっては回復するかも・・』 これまた「ありゃ~!」

・・・目が辛いので次号へ・・・病に奮闘するおじいちゃんに「拍手」お願いしますぅ~~! よろしく!!
  1. 2013/10/17(木) 18:29:23|
  2. 病に奮闘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お蔭様で無事退院できました。

8月21日午後 に娑婆に戻りました。

冠状動脈の目詰まり工事前(上部写真)&工事後(下部写真)の写真を掲載させて頂きます。
(見ての通り、心臓に毛は生えていませんでした・・!?)

5泊6日の工事期間でした。

工事完了後1年が勝負です。現場の再閉塞、他の現場に閉塞が起きる可能性があるからです。

             生活習慣をかえましょう!
              EPSON022.jpg
  1. 2012/08/22(水) 19:15:07|
  2. 病に奮闘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

おじいちゃん・・病に奮闘

8月16日(木) 午後1時、冠動脈カテーテル治療でまたまた入院。

ちょいと心臓血管の通りが悪いので、目詰まりの掃除に行ってきます。

PCI治療の成功率は99.7%。慢性完全閉塞病変で96.0%。

治療が不成功に終わるのは、①病変部をワイヤーが通過しない場合
②ワイヤーが通過してもバルーンなどの道具が通過しない場合
③血管が硬く十分な拡張が得られない場合
時には心筋症、冠動脈穿孔、心原性ショックが発生し、緊急開胸手術が必要になる
場合があると、先生に脅かされた。

問題は術後の再発で、6ヶ月以内に狭窄の再発がおこり、最近では再発予防の薬剤が
塗ってあるステントを使用するがそれでも5%前後は再発するようである。

また術後12ヶ月間は血栓予防薬を服薬するそうである。

まあ~大丈夫でしょう! 憎まれ子なので・・! 行ってきますわ~! 

       ブログ更新!されない時はゴメンナサイ!

ブログ『拍手』に御礼!・・・お蔭様で皆様のご協力によりブログランクが92位まで上がりました。
                                 今後も『拍手』お願いします
  1. 2012/08/16(木) 07:45:32|
  2. 病に奮闘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

良ちゃん

Author:良ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
バロン (5)
明石支援隊長 (2)
あすと長町仮設 (16)
仮設自治会 (14)
陶芸 (8)
仮設イベント (15)
自宅 (4)
週刊『おじいちゃん奮闘記』 (7)
病に奮闘 (6)
日記 (5)
共助型コミニティ (5)
家族お友達 (7)
長町青物市場物語舞台公演 (12)
太白区 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。