おじいちゃん奮闘記

津波で家を失くしたおじいちゃんが、仮設住宅で奮闘!!悪妻に奮闘!!おまごちゃんに奮闘!!病気に奮闘!!がんばって前に進もう残る人生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仙台市 防災集団移転と復興公営住宅の経過

                          平成24年12月21日・・仙台市都市整備局 市営住宅課 復興住宅室 発
①『北六番町復興公営住宅 12戸』優先入居(防災集団移転対象所帯=元の場所には住んではいけない所帯)募集が開始。
(復興公営住宅募集として仙台市最初・・集団移転所帯数 約3000所帯中12戸)


申込み期間;
平成24年12月21日~同年1月11日まで (この期間を過ぎると優先入居の申し込みは出来ない)
入居開始時期;
平成25年4月1日より

間取り;
3K(50平米タイプ)9戸  4K(65平米タイプ)3戸

予定家賃; 
「収入月額」により家賃は異なる(月額158千~186千円以下の収入月額所帯は3Kで¥44.000。月額186千~214千円以下は3Kで¥50.800)
家賃以外の経費; (約1万円が家賃に上乗せ・・)
1、敷金・・・・・・家賃3ヶ月分納付
2、共益費・・・・・共用部分の電気代として月額¥1000~¥1500
3、駐車場使用料・・1台につき月額¥8000

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                          平成25年1月9日 復興事業局 復興まちづくり部 移転推進課 発
②『仙台港背後地住宅地区の宅地申込み受付開始。(仙台市東部地域防災集団移転先)

受付期間;
平成25年1月20日~同年2月5日まで
募集宅地数;
25宅地 (面積・譲渡価格は現在不明)

(田子西地区の例を見ると、現在当地区は組合土地区画整理事業≪市は関与せず≫で整備中、造成が完了した部分の保留地を仙台市が買い上げ、決定した土地価格で防災集団住宅対象所帯に譲渡する。
50坪~60坪の宅地が大半を占め、第1期宅地譲渡価格は坪¥243000~¥266000。第2期工事宅地譲渡価格は未定)
≪宅地を購入後、建物を一定期間内に建築しなければならない。利子補助など援助はあるが・・・≫

(荒井公共整理地区の例を見ると、1次宅地申込みが終了し、複数申込みのあった宅地は公開抽選会を実施。48宅地中31宅地が移転先として決定。残り17宅地については再度申込み受付をする)
                     
                               以上報告まで・・・私見・コメントはこの段階では避けさせて頂きます
スポンサーサイト
  1. 2013/01/11(金) 12:05:21|
  2. 共助型コミニティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経過報告;;『あすと長町仮設住宅共助型コミュニティ構築を考える会』にご署名頂いた方々へ

 仙台市より平成26年度末までに、仙台市が復興を建設整備する場合と、公募買取事業により整備する場合の2本立てで早期供給を目指すよう以下、復興公営住宅公募買取事業における『対象地域・地域別募集戸数』が設定されました。
(公募買取事業とは、土地・建物の提案を民間事業者から公募し、選定された事業者が建設する共同住宅を土地と併せて買い取る。 買い取った共同住宅を仙台市が被災者に賃貸させる制度)
(民間事業者公募期間は24年1月18日から同年2月15日まで)

1、公募買取
 (1)地下鉄・JRの鉄道沿線への集約を図り、団地ごとの入居意向と民間事業者の供給可能性との乖離を極力少なくするため、従前居住地との対応も踏まえ、鉄道沿線の方面ごとに立地誘導を図る。

 (2)(1)に基づき、従来の8地域から5地域に整備方針を再編し、駅を中心としたおおむね1.5km圏内とした。
(あすと長町仮設住宅周辺はE地域に属し、JR太子堂駅1.5km圏内でOKかなぁ~!)

2、公募買取地域別募集戸数
 (1)被災地および仮設住宅など現在のコミュニティの維持形成を図るため、従前住所・現在住所との対応を基本とする。また、入居意識調査による居住希望と、利便性の高い東西線沿線への誘導についても合わせて考慮する。
(現在のコミュニティ維持形成を図るとは、何家族位を指すのか? 従前住所・現住所との対応を基本とするとは~?)

 (2)5つの地域全体を対象として評価の高い提案を選定するとともに、地域ごとに最低限必要な戸数を供給するため、地域別募集戸数については上限・下限の幅を設ける。(地域5地区、選定総数1380戸)
(頭が悪いせいか分かんない・・・①評価の高い提案の評価とは? 既に評価基準が提示されているのかなぁ? ②地域別募集戸数 E地区では下限190戸、上限390戸とあるが・・・募集戸数の結果100戸だったら?)

仙台市役所都市整備局市営住宅課復興公営住宅室のチラシ案内を!!勝手に!!!要約しちゃた!!。

          老眼鏡をかけても見えない方は”ポインターを紙面に置き左クリック&左クリック
           それでも判読できない場合は、ひらにご容赦を・・!
           EPSON027_20121226212054.jpg


      
  1. 2012/12/26(水) 17:04:53|
  2. 共助型コミニティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ご報告・・共助型コミニティ構築

『あすと長町共助型コミュニティ構築』にご署名頂いた全国のみな様にご報告です。
来年1月には遅くとも仙台市の回答がでるのでは・・?
《河北新報・H24・11・23 朝刊 みやぎ街ひと話題》
                 EPSON023.jpg
  1. 2012/11/23(金) 10:47:30|
  2. 共助型コミニティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復興副大臣・・あすと長町仮設住宅集会場に

11月4日(日)午後 復興副大臣 今野さんが仮設を訪問
DSCF4680.jpg
復興副大臣を交え、復興局、県、市、区職員のお歴々と仮設役員9名との約1時間の会議
 ①仮設住宅入居の現状について
 ②災害復興公営住宅について
 ③災害地集団移転について
が話された。
  悲愴・悲痛な叫び・・・(今、息をひそめて生きている仮設の長屋を早く出たいぃ~~終の棲家に早く住みたいようぉ~~仮設で死にたくないよぉ~~) 

会議終了後のショット(仮設を身近に対応してくれている太白区職員と副大臣・・)
  1. 2012/11/06(火) 11:40:59|
  2. 共助型コミニティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あすと長町近郊に復興公営住宅を考えるワークショップ

8月10日、仙台市長宛、3939名の署名は
二つの会代表が『コミュニティを重視した公営住宅建設を考えてほしい』旨の要望書を添え
太白区5会派市議と共に提出されました。

この写真は集会所で4回目ワークショップ風景です
DSCF4597.jpg
7月21日、8月18日、9月15日(希望する人が入れる会主催)、9月28日と4回目のワークショップ。
会代表より仙台市復興住宅公募買取事業説明会の資料説明があった。(200業者が参加したそうだ)
場所はともかく具体化し始めてきたように思われます。
DSCF4598.jpg
大学専門家のお知恵を借りながら図面、模型を使ってのワークショップ
DSCF4595.jpg
署名を送っていただいた全国のみな様、 Keyとなってくれた友人のみな様に、このブログを通じお礼申し上げます。
全署名のうち1234名の署名はみな様です。
ありがとうございました。
今後の経過はブログで報告いたします。
早~く来い!は~やく来い! 終の棲家よ~来い!
  1. 2012/09/30(日) 20:20:30|
  2. 共助型コミニティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

良ちゃん

Author:良ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
バロン (5)
明石支援隊長 (2)
あすと長町仮設 (16)
仮設自治会 (14)
陶芸 (8)
仮設イベント (15)
自宅 (4)
週刊『おじいちゃん奮闘記』 (7)
病に奮闘 (6)
日記 (5)
共助型コミニティ (5)
家族お友達 (7)
長町青物市場物語舞台公演 (12)
太白区 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。