おじいちゃん奮闘記

津波で家を失くしたおじいちゃんが、仮設住宅で奮闘!!悪妻に奮闘!!おまごちゃんに奮闘!!病気に奮闘!!がんばって前に進もう残る人生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バロン君・・津波のあったその年の9月19日に・・・

在りし日のバロン君・・・カメラ目線でいつもポーズを取ってくれます・・・2年前仮設住宅でなくなりました・・・
DSCF3052.jpg
バロン君のお家・・・今はありません・・・
                       DVC00056.jpg
バロン君は新聞紙がとても好きでした
DSCF2890.jpg
虹の橋でお父さん・お母さんを見守っていてね・・・
津波に追いかけられ、一緒に逃げた車のデジカメから・・・これしか君を思い出す写真がありません・・・でも君との楽しかった思いではお父さんの心の中に一杯詰まっています・・・

                       DSCF5328.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/09/19(木) 11:34:05|
  2. バロン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災動物の追悼と感謝の会

仙台市動物管理センター 譲渡会後  (この子は引き取られました)
DSCF4841.jpg
東日本大震災で被災した動物たちの追悼・感謝会
                      DSCF4844.jpg
DSCF4850.jpg
バロン君献花台に  合掌                      
                      DSCF4842.jpg
津波で亡くなったのでしょう。飼い主さんの思いが・・・
DSCF4846.jpg
                      DSCF4847.jpg
  1. 2013/03/21(木) 17:57:39|
  2. バロン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バロン君の一周忌

在りし日のバロン君
昨年9月19日に『虹の橋』へ逝ってしまいました。
まだ彼の元気な姿が忘れられません。
                   合掌

                 DVC00064.jpg
『バロンです』
『僕は神戸生まれです。新幹線に乗って仙台に来ました』
『お父さんが建てた荒浜の新しいお家に・・』
『お父さんと松林を散歩するのが大好きでした』
『地震・津波で今はお家がありません』
『虹の橋でお父さん、お母さんを見守っています』
『頑張ってください』

  1. 2012/09/18(火) 23:06:42|
  2. バロン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5月13日は・・お誕生日・・さかえ里美・・♪ 一緒に歩こう ♪ が・・泣きました! 

 昨年9月19日にバロン君は私たち夫婦を残し、骨髄性白血病でこの世を去りました。

生きていれば、今日、君は14歳のお誕生日です。

地震・津波!!  あの日 すぐ後ろから黒い津波に追われ・・・ 

3人で逃げました。 お母さんが君を抱いて一生懸命に・・・

避難所を転々としました。 ある避難所では1ヶ月もの間、車の中でつらい生活が強いられました。

そこでのストレスが君の命を縮めたのではないかとお父さんは思います・・・

      よく頑張ったよな~バロン!

     苦しくても 泣かなっかた・・・
            リン
     つらくとも 凛としていた・・・

     とても聞き分けのいい子だった・・・   

     親の気持ちを知ってか・・・?

     今はないあの松林の道・・・


     よくあの道をお散歩したよな~~!

     ・・・せめてもう一年・・・一緒にお散歩したかった・・・

     いまだに君の影をお父さんは引きずってます・・・!

     お散歩したあの日のことを・・・楽しかった・・・

     君の思い出を胸に

     残る人生・・・頑張る・・・

     バロンありがとう・・・

若くて元気なとき・・・・DSCF3067.jpg
                     (津波に流されずたまたま車の中にあったデジカメから)


ちょうどお誕生日のこの日、仮設集会場で、「さかえ里美」(日本クラウンレコード所属)さんのミニライブが開催されました。
この時 ―車椅子の犬チャンプより- 一緒に歩こう が歌われました


                 突然の交通事故で下半身不随となり、寝たきりになってしまったチャンプ。
                 「安楽死」という選択を拒否した飼い主の「私」は、チャンプとともに生きていこうと決意する。
                 だが歩けなくなったチャンプは、ストレスで毛が抜け、声を失い、
                 そして排泄さえも自力でできなくなってしまう。
                 そんなチャンプの姿を見て、迷いが生じ始める。
                 あの時生かしたことは正しかったのだろうか。
                 「絶対に歩かせる」と誓った「私」は、無我夢中で車椅子を作り上げた----
                 そして、奇跡は起こった。チャンプが歩いた!!  
                      ---車椅子の犬と歩んだ15年---より(幻冬舎)発行 著者 三浦英司

     チャンプを一生懸命励ましてくれた大好きなお父さん、今度はチャンプがお父さんの心の中に生き続 けます。



                Dm      B♭    C             A7
            あの坂のてっぺんには 僕を待っている人がいる
              Dm        B♭      Gm   A7    Dm      
            目を細め 負けるなと あなたの愛がうれしくて
            A7    Dm         Em7 A7   Dm
             いつもがんばったよ 僕は僕なりに
            Gm       Dm      Em7        A7
            子犬の頃の思い出が 勇気をくれたんだ
            Dm          Gm       A7
            一緒に歩こう ツツジの咲く道
            Dm  Em7 A7  Dm
            風の歌に誘われて


            あの頃は僕を見つめ きらり涙が光ってた

           あなたから 贈られた いのちの愛の車椅子

           きっと忘れないよ いつもいつまでも

           あなたに僕は逢うために 生まれてきたんだね

           一緒に歩こう 小川のほとりを

           はねる魚 追いながら



            もう さよなら でも だけど泣かないないで

           大好きだった父さんの こころに生きている

           一緒に歩こう あなたの人生

           それが僕の ありがとう

           一緒に歩こう ツツジの咲く道

           風の歌に 誘われて


                            ( 作詞 からん/ 補作詞 新條カオル/ 作曲 斎藤 覚/ 編曲 川村栄二 )

DSCF4008.jpg
彼女の熱唱に、君を思い出し涙が・・ DSCF4013.jpg
止まりませんでした。


  1. 2012/05/13(日) 23:20:27|
  2. バロン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在りし日のバロン君・・・・・地震津波のストレスか・・・! 今は「虹の橋」へ・・・!

僕のお家でお父さんが撮ってくれました                          
                    DSCF2804.jpg

                             
 3.11の地震津波で僕のお家が流されました。
       DSCF2887.jpg

                     僕たちは避難所を転々としました。「お父さん頑張れ!                           
       お母さん頑張れ!」と一生懸命励ましました・・・・!

                                          DSCF2864.jpg

             仮設へお引っ越ししました。僕は安心しました。でも!!僕!! 疲れました・・・! 僕は虹の橋へ行きます・・・!
                         虹の橋でお父さんお母さんを見守っています。  
            
                         可愛がってくれてありがとう!!    僕はとても幸せでした・・・・・!


                  ---------------------------------


         愛するペットとの別れは、永遠のもではありません。どうして?  だって、いつか「虹の橋」で再会できるからーーー。
     
     大好きな人の そばで、ペットとして くらしていた動物は、この世を 去ると、その『虹の橋』へ たどりつきます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                         葉 祥明 絵・訳「虹の橋」抜粋                                           

  1. 2011/11/15(火) 07:43:28|
  2. バロン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

良ちゃん

Author:良ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
バロン (5)
明石支援隊長 (2)
あすと長町仮設 (16)
仮設自治会 (14)
陶芸 (8)
仮設イベント (15)
自宅 (4)
週刊『おじいちゃん奮闘記』 (7)
病に奮闘 (6)
日記 (5)
共助型コミニティ (5)
家族お友達 (7)
長町青物市場物語舞台公演 (12)
太白区 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。